中古ドメイン取得にはいくつかのポイントがあります。中古ドメインは値段が高価であることが必ずしもいいものとは限りませんので、購入前に自分なりにドメインの強さを計る必要があります。

中古ドメイン取得の事前準備は大丈夫ですか?の画像

2017年07月の記事一覧

有効期限が切れた中古ドメインとはメルマガで探す

アフェリエイトは稼げるという話を聞いて、自分もブログを書いて儲けたいと考えている人も多いです。
しかし、どうやって儲けたらいいかわからないという人も多いです。
アフェリエイトで稼ぐ方法などは、いろんなメルマガで配信されているので、メルマガに登録して情報を収集するといいでしょう。
アフェリエイトで儲ける方法を書いたメルマガには、中古ドメインを勧めているものが多いです。
中古ドメインとは、サイトの持ち主が更新をおこなわず、有効期限が切れたドメインのことを言います。
有効期限が切れたドメインは、オークションや中古ドメイン販売サイトなどで購入が可能です。
自分で有効期限が切れたドメインを探す人もいますが、中にはブラックリストに載っているような中古ドメインもあるので注意が必要です。
ブラックリストに載っているようなドメインは、なかなか素人では判断しにくく、使ってみて初めてわかるケースもあります。
中古ドメインツールを使えば多くのサイトに訪問できたり、ドメインの質を調整することもできます。
ブラックリストも確認できるので、悪質なドメインを購入する心配がなくなります。
中古ドメインは1000円~10万円まで幅広い価格がつけられていますが。高ければ必ず良いドメインに当たるというわけではないので、気をつけなければいけません。
良い中古ドメインを使うと、記事を書けば狙っているキーワードで、順位があがりやすくなります。
逆に悪いドメインだと、順位が下がるだけでなくインデックスさえされないこともあります。
中古ドメインがスパムドメインを受けているか不安な時は、スパムかどうかチェックするツールを使うといいでしょう。
サイトのURLを入力するだけで、そのサイトの情報もわかりスパム判定も簡単におこなえます。

続きを読む