中古ドメイン取得にはいくつかのポイントがあります。中古ドメインは値段が高価であることが必ずしもいいものとは限りませんので、購入前に自分なりにドメインの強さを計る必要があります。

中古ドメイン取得の事前準備は大丈夫ですか?の画像

タンブラー上位の中古ドメインは価値がある

中古ドメインの価値はさまざまな尺度がありますが、その一つにSNSでの評価があります。従来のウェブサイトではブログやホームページでのリンクや引用の数が重要とされてきましたが、SNSが発展し、ブログよりも発信力が高くなっていることもあってSNSで拡散されているリンクの数も重要視されています。SNSはツイッターやFacebookなどたくさんありますが、その中の一つにタンブラーがあります。タンブラーは独自の仕組みでTwitterなどと並ぶSNSへ進化していますが、タンブラーで紹介されたコンテンツは軒並みPVが増えたり、フォローしてくれるユーザが増えたりと良い点が多いです。そのため、タンブラー上位のユーザに紹介されたり、拡散されているリンクを持つ中古ドメインは高額で取引されることが多くなっています。タンブラー以外で注目されているのがTwitterです。140文字なのでそれほど情報を詰め込めませんが、リンクの拡散力は破壊的であり、ウェブサイトを落とすほどの拡散力があります。そのため、主に商品やサービスの広告戦略で利用されることが多くなっています。これらのリンクは一時的なPV増加の効果の他に検索サイトでの評価アップの効果が認められています。拡散したリンクを活かすことでPVも増え、また、検索サイトからの評価も得られやすいのですが、注意したいのがリンク切れです。ドメインがあっていれば問題ないと考えがちですが、リンクが切れていればPVは増えません。リンクをいじって繋がるアドレスに修正してくれる視聴者は皆無です。リンクがどこかに繋がっていることが最低条件ですから、CMSのプラグインなどを活用してしっかりとアピールすることが大事です。